USER'S COLLECTION大阪市関堂幸輔様[MEN'S]】
USER'S COLLECTION TOP 
【THE BAG/第二作目】 [B4ヨコ/L] 2013.1(DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:B4ヨコ ◆マチ:Lサイズ・幅12cm(第一作目のマチを再利用) ◆組立コード:ビビッドピンク×ピンク ◆組み方:クロス ◆ハンドル:本革黒×スモーキーピンク/2cm幅×30cm×2
「2013 NEW YEAR PARTY DESIGN OF ALL ファンの集い」終了後、アトリエでの二次会でオーダーいただきました第二作目。
他のユーザーさんからあーだこーだとダメだしやらオススメやらの嵐(笑)。皆さん、ご自分のを選ぶだけでなく誰かのを選ぶのも大好きらしい。ほんとに楽しげでした。

さて、第一作目のマチを再利用するということで、マチ、ボタンなどを除いて他のパーツはすべて新調。
写真左上が本体作成にあたっての生地のラインナップ。どの生地がどの部分に使われているのでしょう??笑。

そして♪
完成した第二作目、第一作目の落ち着いた渋い雰囲気とはガラッと変わり、ファンキーなイメージに^^
内側のオレンジと組み立てコードは実物ではもっと蛍光的。「ニンジャブラック」(オーダー時、気づくとそのように呼ばれていた…)と命名された本体・黒の生地によく映えています。写真左下は本体とマチの接続部分の拡大で、本体内側のオレンジとマチのターコイズブルーとがラインになって表れ、組み立てコードのピンクが加わってよりカラフルで楽しいハーモニーに♪
外側のグレーの大きなポケットはA4ヨコが入るサイズ。内側のポケットはアフリカンバティックで、真ん中に仕切りのステッチが施してあります。
ボタンもマチ同様、第一作目の再利用ですが、横長の奇妙なカタチのボタンを第一作目の時と見比べてみてください。凹凸が摩耗してずいぶんまろやかな印象に…。4年の歳月を感じ入ると共にご愛用くださった証を垣間みる思いです。


第一作目 [B4ヨコ/L] の4年後
4年間、ほぼ毎日お仕事の相棒としてご愛用いただいた結果、このような状態になりました。
負傷部分だけをクローズアップしてるのでどうにも痛々しい限りですが、全体的には結構健康そうでした。
コードを取り替えてハンドルを新調すればまだしばらくいけそうですよ、とご提案したのですが、本体とハンドルは新調されることに。
お疲れさまでしたm(-_-)m


【THE BAG/第一作目】 [B4ヨコ/L] 2008.12
◆本体の形:B4ヨコ ◆マチ:Lサイズ・幅12cm  ◆組立コード:グレー ◆組み方:和綴じ ◆ハンドル:エナメル×エナメル/2cm幅×30cm・ツイード×ツイード/2cm幅×30cm
関堂様は、実名掲載OK!ってことで実名を公表させていただきました。某大学で知的財産学を教えてらっしゃいます。
MEN'S 1号のKO様のバッグと目が合ったのがオーダーのきっかけだそうですが、初対面の時には「さすがデザイナーさんはオシャレなバッグを持ってらっしゃるナ〜」ぐらいで、特に話題にしなかったそうです。が、その後別の機会にMEN'S第3号のSH様、MEN'S第4号のHM様のバッグと立て続けに会ってしまわれ・・・。
ノートパソコンやビデオカメラなどを常にバッグに入れてらっしゃるというかなりモバイルな方で、けっこうズシっときます。が、見かけによらずかなりの重さにも耐えうるマッチョなバッグということは、豊中市ST様のバッグでありがたいことに証明済みだったので楽勝でございました。
外側にはKO様と同じようにA4ヨコが入る程度のポケット、内側には携帯電話用ポケットも付け、さらにハンドルはエナメルとツイード2種類をご注文。ターコイズブルーのさし色がお気に入りだそうです(写真下段右)。