USER'S COLLECTION大阪市ST様
USER'S COLLECTION TOP 
【THE BAG/第九作目】 [A4ヨコ/M] 2013.3 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:A4タテ ◆マチ:Mサイズ・幅12cm ◆組立コード:グラデーション茶系/ネイビー ◆組み方:クロス ◆ハンドル:お手持ち
第一作目/B4ヨコ・Lサイズ】の本体をリメイクして誕生した【第九作目】。
今春から新しいお仕事を始めるにあたり、まずは持ち物からテンション↑ということで^^

実は働き者だった【第一作目】さん、内側に入れている芯の角が疲労骨折。。
くすんだピンクのようなパープルのような外側の生地、内側のダイヤモチーフの幾何学模様共にもう手に入らない生地だし、ST様甚くお気に入りということで、本体1枚はこの生地を利用、B4→A4にサイズ変更しました。
もう1枚の方は、内側は前述同様【第一作目】をくり抜いて再利用、外側には2013年初お目見えのモロッコ・ゴブランで半新調。マチもMサイズはお持ちではなかったので新調。外側はトルコ・ゴブラン×ターコイズのデニムで。
外側の側面のトルコ・ゴブランも生地の表と裏を使うという凝り様がなんとも【bag collection】玄人はだし・笑。
外側と内側のミスマッチが素敵な逸品となりました♪


【THE WALLET/第一作目】2012.12 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
2012年11月に発表した【wallet collection-着せ替え財布-】。
ST様その第一作目はイタリア製ゴブランとグリーンのタイ製ヘンプとの出会い。シックに見える外観とは裏腹に内側はご覧の通り。クールな外見だけど内側はポップでお茶目。ST様ならではのお財布になりました♪
ただ、右上写真でちらりと見えてる本体内側のピンク×オレンジのドットをお見せできないのが残念。この部分をお見せできれば更に外と内との対比を楽しんでいただけるのですが。
アウター・インナー(お札を入れる部分)・コインケースと3つのパーツに分けているので、本来はインナーを外せばお見せできるのですが、公開しちゃうと企業秘密がバレてしまうのでネットではNG。


【THE BAG/第八作目[変身1]】 [A4タテ/L] ※本体とコードのみ 2012.6 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:A4タテ ◆組立コード:こげ茶/ピンク×グラデーション紫系 ◆組み方:和綴じ/クロス ◆OPTION:ハトメ特大
今回は【第八作目】の[変身]。黒い面が傷んだということで本体一枚新調して差し替え。
その際、ピンクの面のコードもほどいてピンクを内側に組み替え。白いボタンは第七作目の使い回し。
「ピンク×黒」のバッグが「ブルー×黒」のバッグに変身したというわけですね。
こうやって振り返ってみると、ST様のバッグはパーツを少しずつ変化させることをかなり楽しんできてくださったんですね。「マイナーチェンジを繰り返し、一つのバッグでどこまであそべるか」という【bag collection】のコンセプトの一つをしっかり受け止めてくださって。感謝です。


【THE BAG/第八作目】 [A4タテ/L] 2010.10 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:A4タテ/L ◆マチ:Lサイズ・幅12cm ◆組立コード:グレー×キャメル/グラデーション茶系 ◆組み方:クロス/和綴じ
この第七作目のパーツはすべて「ワケアリパーツ」。「ワケアリ」といっても使用に支障をきたすものではなく、DESIGN OF ALL 的にちょっと気になる部分があり納品に至らなかったというようなものです。それらは少しお値引きさせていただいて、滅多にやらないセール等で販売していますので、タイミングが合えばST様のようにラッキーなことに☆

A4タテに12cm幅のマチは若干無理クリ感がなきにしもあらず、なのですが、いつも大荷物のST様はそんなことは意に介さず・笑。


【THE BAG/第七作目】 [ドーム/L] 2010.3 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:ドーム/L ◆マチ:使い回し(Lサイズ・幅12cm) ◆組立コード:グラデーション茶系×レンガ色/グレー ◆組み方:クロス ◆ハンドル:本革/カーキ×小豆色/2.3cm幅×45cm/特大ナスカン ◆ボタン:SUUSU ◆特大ハトメ
ST様は【bag collection】2006年からのお客様ですが、この4年の間の変遷がおもしろい。というのは、第一作目「B4ヨコ」を一式オーダーしてくださった時のマチを、ずっと愛用してくださってるからです。
この2年後2008年のオーダーは「B4タテ本体のみ」。ポケット好きな方で、この時は、片側マチ付きの文庫本用外ポケットを特注されました。その1年後2009年にはまたまた「B4ヨコ」に。そして今年2010年にはついに「ドーム型」に挑戦されました・笑。
第一作目のマチ、柄や裏地との組み合わせがとっても気に入ってらっしゃるそうで、今回は初めて柄を外側に組んでみられました。今までカジュアルな印象でしたが、ぐっとエレガントに変身しました☆
実は「特大ナスカン」「特大ハトメ」がオプションに加わるキッカケを作ってくださったのもST様。こうやって振り返ると、お客様に育てていただいてるなぁ〜と実感します。これからもどうぞよろしくお願いいたします!


【THE BAG/第六作目(SAMPLE)】 [ビニールサンド・バッグ/B5タテ] 2009.10 (DOA ATELIER & ORDER SALON/大阪・天満橋)
◆本体の形:B5タテ ◆マチ:幅8cm ◆組立コード:キャラメル(両側共) ◆組み方:クロス ◆ハンドル:スペイン製PUレザー/茶/RING-I-2本 ◆OPTION:"タダモノではない"バッグチャーム
第六作目はビニールサンド・バッグのB5タテ。
展示用のサンプルだったのですが、内側にサンドされているスカーフ生地の柄に一目惚れ(?)されたような記憶が…。
マチは無地の古代紫で柄を引き立たせています。

☆この「ビニールサンド・バッグ」は、本体、マチ共に透明なビニールとビニールの間に生地を挟んでサンドイッチにして一枚ものに仕立てています。中に挟む生地をお選びいただけます。薄い生地が向いているので、お揃いでスカーフなども♪


【THE BAG/第五作目】 [B4ヨコ/L] ※本体とコードのみ 2009.3(天善堂ギャラリー/箕面)
◆本体の形:B4ヨコ ◆組立コード:黒/キャメル
第五作目はパーツのみ。
第一作目のB4ヨコをB4タテに変身させてしばらく使っていただいていましたが、またB4ヨコにもどそうということになり、ちょこっと新作感も味わいたいということで1面だけ新調です。【bag collection 】ならではのオーダー方法。なかなかツウなオーダーなのでした。組み替えもご自分でされるということでしたが、無事に立体になれただろうか・・・。


【THE BAG/第四作目】 [B4タテ/L] ※本体とショルダー2008.1(pichicri/大阪・中崎町)
◆本体の形:A4タテ ◆ショルダー:本体と同じ黒い生地/130cm×1
第四作目はパーツのみのオーダーで、黒×水玉と黒×イエローの本体、そしてショルダー。
写真には写っていませんが、グレーのファーのハンドルも。このファーのハンドルはG・Houseさんのアクセサリーとジョイントさせてベルトにするとおっしゃってました☆
さて、本体の
ポケットは特注ポケット。ちょっと見づらいですが、片側だけにマチがあるタイプ。
黒い面2枚にポケットを、ということでしたので、黒面2枚を外側に組み立てると、外ポケットが両面についてることになりますね。
うぅーん、アタマがこんがらがるぅ〜。でもそれが【bag collection】の醍醐味のひとつナノダ☆

そしてマチは第一作目のものを再利用。スクロールして確認してみてください^^
同じのが付いてるでしょう?

グレー×カーキの本革のハンドルは、実は2008年8月にオーダーしてくださったもの。
荷物の多いST様用に少し幅広に仕立てました。ナスカンも当然(笑)ゴツイのが付いてます♪


【THE BAG/第三作目】 [ハート/SS] 2007.9(天善堂ギャラリー/箕面)
◆本体の形:ハート ◆マチ:SS/幅8cm ◆組立コード:スモーキーブルー×こげ茶 ◆組み方:クロス ◆ハンドル:スペイン製PUレザー/ブラウン/RI/30cm×2
第三作目は真っ赤なハート。
本体外側の片面は可憐な真っ赤のベッチン、もう片面はマスタード×ムラサキのハート柄!内側は両面とも黒のエナメルですが、ヒョウのポケット☆マチもエナメルを表にして組んでいますが内側はヒョウ!ほどいて引っくり返すと、黒のエナメル×ヒョウというワイルドなハートに大変身しちゃうんです♪しかもハンドルはチェーン!つなげて腰の位置にするとウエストバッグにもなるという玄人はだしな一品になりました◎
そしてスペアとして本体一面追加されました。チェッカー柄×グリーンのラメ入りコーデュロイ。ST様、実はこのハートで2007年3点目!毎度で〜す♪このハートちゃん、お友達の結婚式にデビューさせてくださるそうで〜す♪素敵♪


【THE BAG/第二作目】 [ビニールサンド/A4ヨコ] 2007.6(BLU PANCHINO/神戸)
◆本体の形:A4ヨコ ◆マチ:幅8cm ◆組立コード:スモーキーブルー×ベージュ ◆組み方:クロス ◆ハンドル:クリア/45cm×2
第二作目は「ビニールサンド・バッグ」でした。
マチに使用された柄といい、第一作目の内側の生地といい、どうもウィーン世紀末調がお好きなようで。って私も好きなのですが・笑。スモーキーブルーのコードがよい挿し色になってますね☆


【THE BAG/第一作目】 [B4ヨコ/L] 2007.1(SUUSU/大阪)
◆本体の形:B4ヨコ ◆マチ:Lサイズ・幅12cm ◆組立コード:グラデーション紫系(両面共) ◆組み方:クロス ◆ハンドル:本体外側と同じ生地(両面共)/45cm×2
実は現在2013年。ST様の第一作目を6年も経ってからようやく掲載…。この怠慢をお許しください!
「history」の各「"出張"bag collection」には掲載してたのですが、2007年にはまだこの「USER'S COLLECTION」自体ができておらず…(言い訳)
とにもかくにもこの6年間に第何作目までオーダーしてくださったかも定かではなく、昔昔のデータを遡りつつ掲載していきたいと思います。

さて、ST様のバッグについて。
ST様は、ポケット・フェチ。しかも片方だけマチのついたタイプがお気に入り。このバッグにだって2カ所も片方マチポケットが付いてます・笑。外ポケットには文庫本を入れたいと、確か仰っていたような(なにせ6年前のことなんで)。
とにかく荷物の多いST様、このバッグも実は相当使い込まれ、その役割をほぼ終えリニューアルされる日を今か今かとDOAアトリエでお待ちになっております。内ポケットのネームタグに時代を感じますね…。